MENU

妊娠中期の海外旅行の危険性

 

妊娠中期に海外旅行に行く計画を立てている人もいますが、その場合に気を付けないといけないのが『現地での医療費』の問題です。
体調を崩さないで、そのまま帰って来れれば、何も問題はありません!
妊娠中期は体調が安定期ですし、一番旅行には向いています!
しかし、妊婦はいつ体調を崩すかわかりません。
そのため、海外旅行先で体調を崩してしまった場合は、一番怖いのです!
海外で体調を崩してしまうと、医療費が100万円以上になったり、ちょっとした処置でも数十万円の請求が来ます。
何もなければ天国ですが、何かあった場合は地獄!
そのため、海外旅行は、『自己責任』という意味合いがかなり強くなってきます。
高額な医療費を請求されても、何とも思わないと言う人であれば、海外旅行は、行くのであれば妊娠中期が良いと思います。
しかし、高額な医療費を請求されるのは御免と思っている人であれば、妊娠中の海外旅行は避けたほうが無難です。
経済力がある人は、現地で体調を崩してもそれに対処できるお金があれば問題ありません。
しかし、記念だからといって、海外旅行にギリギリのお金で無理して行こうとしている場合は、現地で体調を崩した場合の医療費の負担に耐えられない可能性があります。